株式会社家族葬

tel:0120-321-010
tel:0120-676-001
ご葬儀の価格を誤認させる業者にご注意ください。

価格以上の納得家族葬の5つのプラン

火葬を執り行う低価格プラン

仏具を省いて火葬式だけの最安プラン

直葬セットプラン

お別れ式を取り入れた火葬プラン

火葬式セットプラン

「選べる祭壇が好評」式も行う3つのプラン ※選べる祭壇は下記のセットプランごとに4種ご用意

葬儀・告別式も行う一日ゆっくりプラン

1日葬セットプラン

通夜・葬儀・告別式を近親者で見送りプラン

家族葬セットプラン

一般的なご葬儀を納得価格で行う充実プラン

一般葬セットプラン

「セットプランでもお花いっぱいの生花祭壇を選びたい」が叶う。

ご葬儀から話題の海洋散骨まですべてをお任せいただける人気プラン


家族葬ネットワークで東京都・埼玉県・千葉県の斎場をさがす

WEBで簡単申し込み!資料請求はこちら
お電話・資料請求によるお葬式の事前相談で5000円割引

ご葬儀の流れ

お電話でのご相談

お電話でのご相談

ご葬儀の費用、流れ、場所のご相談

事前相談

事前相談

資料を見ながら、その方に合ったご葬儀を専門相談員が直接アドバイス

ご葬儀当日

ご葬儀当日

搬送、ご安置、告別式など

アフターサポート

アフターサポート

諸手続き、お墓、供養のアドバイス

ご葬儀のQ&A

家族葬と密葬の違いは何でしょうか?
近頃は、この二つを厳密に区別することはありません。
しいて申し上げれば、「密葬」は、その後に社葬やお別れの会などの比較的大型のお式を行うことを前提にした近親者でのご葬儀。「家族葬」は、その後の大型葬を前提としない近親者でのご葬儀と言えます。
万が一の時、どこへ連絡すれば良いのですか?
「株式会社 家族葬」へお電話ください。早朝・深夜でもお電話1本ですぐにお迎えにまいります。
事前にご相談・資料請求をしていなくても、ご依頼いただけます。
全てを見る >

お知らせ・プレスリリース

全てを見る >
2021.10.25数珠について

数珠の歴史は、2000年前近くまで遡ります。紀元2世紀ごろインドで生まれたと言われ、日本には8世紀頃に伝わったと考えられています。現在、私たち日本人にとって数珠は弔事には欠かせない仏具ですが、もともとは念仏やお題目を何回唱えたかを数えるための道具でした。数珠の球数は通常108が基本となっています。その数からも、分かるように数珠は煩悩を消し、仏の幸徳がえられるよう」手にするものであることがわかります。 株式会社家族葬では、ご葬儀についての様々な疑問や質問にお答えいたします。何か少しでも気になることがございましたら、お気軽に株式会社家族葬へご連絡ください。

お問い合わせ
株式会社家族葬
東京都でのご葬儀:0120-321-010
埼玉県・千葉県(野田市)でのご葬儀:0120-676-001

2021.10.11ご葬儀に関することはお任せください

「もしもの時」は、いくら覚悟はしていても、実際に身近な方がお亡くなりになると、頭の中は真っ白になり、ただただ悲しみが湧いてきて、何も考えられなくなるものです。しかし、「亡くなった」らすぐにお葬式へと向けた準備を始めなければなりません。決めなければならないことや手配しなければいけないもの……。そんな時、株式会社家族葬へすぐにご連絡ください。当社スタッフがお客様へ寄り添い、全てをサポートいたします。 株式会社家族葬は、どこよりも誰よりもお客様へ寄り添い、お客様がしっかりと「悲しめる」環境をお守りします。


お問い合わせ
株式会社家族葬
東京都でのご葬儀:0120-321-010
埼玉県・千葉県(野田市)でのご葬儀:0120-676-001

2021.09.27花祭壇

家族葬を執り行う際にも、必ず必要となるものが祭壇です。 祭壇といえば、伝統的に使われてきた白木祭壇を思い浮かべる方も多いと思いますが、最近のご葬儀では、白木祭壇ではなく花祭壇を選ばれる方が増えてきています。白木祭壇が荘厳と厳粛さを演出するのに対し、花祭壇は、美しさや華やかさを演出します。故人様の好みやイメージに合わせて、個性的な演出が出来るのも花祭壇の特徴です。 株式会社家族葬では、お客様のご要望に応じて様々なご葬儀のご提案をさせていただいております。事前相談、事前見積もりも承っておりますので、是非一度、株式会社家族葬にお問い合わせください。

お問い合わせ
株式会社家族葬
東京都でのご葬儀:0120-321-010
埼玉県・千葉県(野田市)でのご葬儀:0120-676-001

株式会社家族葬から皆様へ

株式会社家族葬が厳選した葬儀社との提携
よくあるご質問
知っておきたい家族葬
しののめの里プラン
生活保護受給者の方へ

初めての方へ

プラン

家族葬が可能なエリア

葬儀の知識

トピックス