株式会社家族葬

tel:0120-321-010
tel:0120-676-001

意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

表書きで使用する「御霊前」と「御仏前」の違いとは?タイミングや宗教宗派で異なる表書き


突然のご不幸を受けてご葬儀に参列する際に持参する香典ですが、香典で使用する不祝儀袋などの表書きが香典をお渡しするタイミングや宗教宗派によって異なることをご存知でしょうか。故人様やご遺族様に失礼がないように表書きについての理解を深めておきたい物です。

この記事では、突然のご不幸の際に慌てないためにも不祝儀袋などの表書きについてご説明します。

コンテンツ

「御霊前」? それとも「御仏前」?

突然のご不幸を受けてご葬儀に参列するために不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)を買いに行き「御霊前」「御仏前」の表書きが並んでおりどれを購入すればよいのか迷われる方もいらっしゃると思います。「御霊前」と「御仏前」の両者の違いは何なのでしょうか。以下でそれぞれの意味についてご紹介します。

御霊前(ごれいぜん)

「御霊前」は、故人様の「霊」の前にお供えするということを意味しています。仏教においては故人様がお亡くなりになられてから四十九日までは「霊」であるとされています。そのため、四十九日までに故人様に供える香典や供物、供花も同様に表書きを「御霊前」にします。

御仏前(ごぶつぜん)

「御仏前」は、四十九日を経て「仏」となられた故人様の前に供えるということを意味しています。仏教においては四十九日を経た故人様は成仏されて仏になると言われています。そのため、四十九日以降に供える香典や供物、供花の表書きは御霊前ではなく「御仏前」となるのです。

つまり、故人様が「霊の状態(四十九日以前)」に香典などをお供えする際は「御霊前」とし、故人様が「仏の状態(四十九日以後)」に香典などをお供えする場合は「御仏前」となるということになります。

四十九日法要では表書きはどうする?

前述したように、表書きを「御霊前」と「御仏前」のどちらにするかは、四十九日が境となっていますが、故人様が成仏する日の49日目に営まれる四十九日法要では表書きは「御霊前」と「御仏前」のどちらになるのでしょうか。

仏教の教えでは、故人様が「霊」として存在する間は故人様が亡くなられてから7週間7日ごとに故人様が成仏できるかのお裁きがあるとされています。そのため、ご遺族様は故人様が無事に成仏できるよう、7日ごとに追善法要を執り行います。7回目の追善法要にあたる四十九日法要は最後のお裁きの日であるため、この時に故人様の成仏が許されると、「霊」から来世の行き先が決まった「仏」になるのです。そのため、四十九日法要でお供えする不祝儀袋などの表書きは原則として「御仏前」を使用します。

宗派で異なる「御霊前」と「御仏前」

仏教には様々な宗派があるため、同じ仏教でも宗派によって死生観や霊と仏の考え方が異なります。しかし、多くの宗派で不祝儀袋の表書きについては、を利用する形で問題ありませんのでご安心ください。

不祝儀袋の表書きは、多くの宗派では四十九日以前は「御霊前」、四十九日以後は「御仏前」の表書きが使えますが、浄土真宗や真宗大谷派、曹洞宗では注意が必要です。

浄土真宗や真宗大谷派では、臨終と同時に成仏すると考えられているため、四十九日法要はもちろんご葬儀の際も、不祝儀袋などの表書きは「御仏前」を使用するのが正式な書き方となります。

なお、曹洞宗では浄土についての教義がないだけでなく、成仏以前の考え方もないため「御仏前」を使用します。

宗派が分かる場合は問題ないかと思いますが、故人様の宗派が分からない時は「御香典」を使用する方法もあります。御香典の意味は「お香やお花の代わりに供えるもの」ですので、仏式のご葬儀であれば、宗派に関係なく使えます。ただし、仏式以外の神式やキリスト教式では、御香典は仏式の言葉ですので使えません。

他宗教でも使える「御霊前」

仏式のご葬儀や法要の際に使用する表書きについては分かりましたが、神式やキリスト教式のご葬儀などでは表書きはどうすればよいのでしょうか。

神式のご葬儀では「玉串料」や「御榊料」が、キリスト教式(カトリック)では「御花料」や「御ミサ料」が一般的ですが、「御霊前」も使用できます。ただし、キリスト教式(プロテスタント)のご葬儀に参列される場合は、表書きが「献花料」「御花料」「忌慰料」となっているものを選びましょう。

初めての方へ

プラン

家族葬が可能なエリア

葬儀の知識

トピックス