スタッフ日誌 バックナンバー

2017.05.15
知って納得!ご葬儀の豆知識 第3弾
== 安置する場所はどうしたらいいの ==

■自宅に安置できる場合
宗教のしきたりにそった方法で、安置する布団を用意しましょう。布団は敷布団、掛布団を各一枚ご用意ください。

■自宅に安置できない場合
最近の住宅事情では自宅に安置できない場合が多々あります。自宅に安置できない場合は、霊安室の完備している葬儀式場などに安置するのも選択肢の1つです。

・仏式の場合はご遺体の頭は北向き(無理ならば西向き)に寝かせ胸元で手を組ませ、その手に数珠をかけてください。
・神式では部屋の上座に頭を向けましょう。
・キリスト教ではロザリオをかけましょう。ご遺体の頭の向きに特に決まりはありません。
・末期に水を差し上げる。しきたりにしたがって、心を込めて行いましょう。故人様の唇を水でしめらせる行為で、死者があの世で苦しまないようにと願いを込めた儀式です。死者の体を清め、男性なら髭を剃り、女性や子どもには薄化粧を施します。
・枕飾りの用意をする
2017.04.17
知って納得!ご葬儀の豆知識 第2弾
~万一の場合に備えて~
臨終にあたって・・・

【訃報を伝える】
ご親族が亡くなられた場合、まずはご親族、親しい友人に訃報をお伝えします。また、勤務先、菩提寺、町内会などには、ご葬儀の日程が決まり次第にご連絡します。
【葬儀社に連絡】
故人様が生前、自分で決めていた葬儀社があれば、遺志に添うようにしましょう。菩提寺がある場合には、寺院へ連絡します。ない場合でも、葬儀社にてご紹介していただくことができます。
【死亡診断書を受取ります】
死亡診断書は、故人が亡くなったことを法的に証明する書類です。死亡を確認した医師が死亡診断書を書いてくれます。
2017.04.03
知って納得!ご葬儀の豆知識 第1弾
~万一の場合に備えて~
もし、ご家族がご危篤になってしまったら・・・

ご親族の方々に電話等で連絡しましょう。目安は二親等です。普段はお付き合いがなくても、ご危篤の方の親、兄弟姉妹には必ず連絡します。連絡をする際は、慌てずに要点を確に伝えます。
①危篤者の名前
②危篤者がどこにいるのか。その場所と最寄駅、住所、電話番号、道順など
③病名や現在の状態など
④来て欲しい場合には、いつ頃までに来て欲しいのかなど連絡先窓口となる方の電話番号とあわせてお伝えしましょう。連絡が取れず、留守番電話・ファックス・メールで案内した場合でも、後で必ず電話で連絡を入れてください。

資料請求・お問い合わせ

火葬式セットプラン

193,000


プランの詳細

1日葬セットプラン

343,000


プランの詳細

家族葬自宅セットプラン

393,000


プランの詳細

家族葬セットプラン50

493,000


プランの詳細

家族葬セットプラン80

693,000


プランの詳細