法事・法要が初めての方でも安心してお任せいただけます。

法事・法要

法事・法要
四十九日法要、盆法要、祥月法要、年忌法要など、その都度に寺院をご紹介しております。
ご紹介する寺院の檀家になるということではございません。
菩提寺として末永い付き合いをご希望の方は別途ご相談ください。

法事・法要とは

お葬式の後に行われる法要は法事ともいい、死者の冥福を祈り、その霊を慰める大切な儀式です。
四十九日法要、百ケ日法要、そのあとは年忌法要となります。

年忌の数え方

一周忌
翌年
三回忌
満二年目
七回忌
満六年目
十三回忌
満十二年目
十七回忌
満十六年目
二十三回忌
満二十二年目
二十七回忌
満二十六年目
三十三回忌
満三十二年目
三十七回忌
満三十六年目
五十回忌
満四十九年目


法要の準備

○法要は、自宅、寺院、会館などでおこないます。最近では設備の整った会館が利用されるようになりました。
○法要にかかる費用は、その内容によってちがってきます。必要なものは、会食費、引き出物、僧侶のお布施などです。

事前に準備すべきこと

  • 日時を決める(僧侶、友人、会館)
  • 招待客を決める(親戚、親族、会館)
  • 会場を決める(自宅、友人、会館)
  • 案内状の注文(文面、枚数)
  • お布施
  • 料理(価格、数量)
  • 引物(価格、数量)
  • 供花・供物の手配

四十九日の法要 35,000円から

四十九日には死者の成仏を願って、遺族、近親者、友人、知人を
招いて忌明けの法要を行います。
納骨もこの日に行うことが多いようです。
納骨法要や開眼供養を含めた四十九日法要 50,000

納骨法要
納骨の時期に特にきまりはありませんが、仏式では四十九日の法要後に行われることが多いようです。
開眼供養
新しいお墓の場合、そのままではただの石造物でしかありません。そこに儀式を行って“お墓”としての魂を入れるのです。
この儀式を“入魂式”や“魂入れ”もしくは“開眼供養(かいげんくよう)”といいます。

年忌法要 35,000

一周忌

亡くなった月日の翌年の同じ月日に一周忌をおこないます。
一周忌は、故人亡きあとの遺族の様子を故人をはじめ近親者や友人、知人に知ってもらう意味もあります。



資料請求・お問い合わせ

家族葬が可能なエリア



火葬式セットプラン

193,000


プランの詳細

1日葬セットプラン

343,000


プランの詳細

家族葬自宅セットプラン

393,000


プランの詳細

家族葬セットプラン50

493,000


プランの詳細

家族葬セットプラン80

693,000


プランの詳細